毎日、Twitterで日々の成果や頑張りをツイートしてします!

【作業効率UP】MacBookのクラムシェルモードを使って、ディスクトップ化させる方法

みなさん、こんにちは!カズトンです!

せっかく高いお金を出して「MacBook」を買ったのに、たくさんのウィンドウを使う作業をすると画面が小さくてイライラしませんか?笑

自分もプログラミングをしようと「MacBook」を思い切って買ったのですが、「プログラミングのコードファイル」や、「Webサイトのデザインカンプ」、「調べ物のために開いたGoogleタブ」と画面が小さくて、効率悪いし、イライラしました笑

ですが、MacBookの機能の「クラムシェルモード」を使うと、モニターやプロジェクターに画面を移して、作業ができるようになります。

このクラムシェルモードを利用して、「作業効率爆上げ」しませんか?

この記事は、こんな人におすすめ!
  • ディスクトップ型のパソコンを持っていないけど、大きい画面で作業がしたい人
  • MacBookをさらに便利に使いたい人
  • 好きなキーボードやマウスを使って作業したい人

自分も、この「クラムシェルモード」という機能を知ってから、作業が爆上がりしました!

この記事は、「ゼロ知識からでもMacBookをディスクトップ化する方法をまとめたガイド」にしました!

ぜひ、作業効率を上げて、仕事や趣味をより快適にしていきましょう!

では、「スタート」です!

クラムシェルモード(MacBook便利機能)とは

先ほども説明しました。

「クラムシェルモード」とは、外部デバイスのモニターに画面を表示させて「ディスクトップパソコン」のように使えることができる機能のことです!

クラムシェルモードに対応しているMacBook

クラムシェルモードに対応しているのは「ノート型Mac」ならなんでもいけます!

対応しているMacBook
  • MacBook
  • MacBook Air
  • MacBook Pro

「MacBook」なら、なんでもできるっていうことですね!

クラムシェルモードの使い方を知ろう!

クラムシェルモードを利用するための手順をまとめます!

手順
  1. 設定で「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」を有効にする。
  2. 電源アダプタをMacBookに接続する。
  3. 外部モニター(ディスプレイ)に、MacBookを接続する。

クラムシェルモードが使えるようにMacBookを設定しよう!

BlutoothデバイスでMacのスリープを解除しよう!

まずは、Macの「システム環境設定」を開いて「Bluetooth」をクリックしてください。

次に、画面右下の「詳細設定…」をクリックしてください。

「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」にチェックを入れてください。

これで、設定は完了です!

電源アダプタをMacBookにつなぐ

電源アダプタをMacBookにつないでください。

「電源アダプタ」と言われて、なにそれってなる方もいますよね!

「電源アダプタをつなぐ」とは、「MacBookを充電してください」という意味です!

いつもの通りに、MacBookを充電してください!

これで、2つ目は終了です!

外部モニター(ディスプレイ)と、MacBookを接続させる

ディスプレイの電源をつけて、MacBookと接続してください!

接続が完了して、モニターの画面にMacBookの画面が表示されてから、MacBookを閉じます。

外部モニターの種類によって接続の仕方が変わります。

外部モニター(ディスプレイ)と、MacBookを接続させる方法は2つあります。

接続方法
  1. USBハブ(C端子)とHTMLを使って接続する方法
  2. USB Type-Cを使って接続する方法

このどちらかで接続してください!

モニターの画面にMacBookの画面が表示されてから、MacBookを閉じてください。

クラムシェルモードに必要なもの

必要なもの
  • 外部モニター(ディスプレイ)
  • 電源アダプタ
  • USB(Type-C)ハブ
  • キーボード
  • マウス or トラックパッド

一つずつ詳しく説明していきます!

外部モニター(ディスプレイ)

ディスプレイを選ぶポイント!

ディスプレイを選ぶときは、真剣に選んだほうがいいですよ!

選び方は、2つですね!

  1. ディスプレイの値段を気にしない
  2. 最小限でディスプレイを買いたい

それぞれで、MacBookを接続するのに、おすすめのディスプレイがあります!

MacBookで接続するのにおすすめするディスプレイ①

USB Type-C接続で接続ができ、給電も対応しているもの

なぜ、「Type-C接続ができて、給電にも対応しているもの」がおすすめなのかというと、Macbookを買ったときに付属である「充電用のType-C」だけでディスプレイにつなぐことができるからです!

給電に対応されていない場合は、別のケーブルで充電しながら、ディスプレイにはHTDMIケーブルでつなぐ必要があります。

どうせなら、Type-C一本だけで接続したいですよね!ディスク周りもスッキリです!

ですが、給電機能が付いたモニターだとかなりのお値段がすると思います。

そんなときは、こんなディスプレイがおすすめです!

MacBookで接続するのにおすすめするディスプレイ②

HDMI接続ができるディスプレイ(ほぼ全部)+USB(Type-C)ハブ

このディスプレイは、HDMI接続ができればなんでもいいです!ただ+でMacBookとHDMIをつなぐための中間役の機械を買う必要があります。(安くて3000円ぐらい)

でも、おすすめ①のディスプレイを買うより、圧倒的に安くなります!

ただ、注意してほしいことがあります!

買う前に必ずチェック
  • モニターにスピーカーは搭載されているか
  • HDMI接続はできるか

スピーカーが搭載されていなかったら、音が出ませんからね笑

気をつけてください笑

モニターアームをつけたいと考えている人は、そのモニターが対応しているか確認しておこう!

インチ数はなにが適切か?

モニターのインチ数でよく目にするのは、以下の3つだと思います!

  • 24インチ
  • 27インチ
  • 32インチ

他の記事では、「32インチだとMacBookに接続したら文字が小さい」と言っています。自分の意見では、設定を変えれば問題ないので気にしなくていいです!

だからインチ数は、「自分の好み」で選ぶといいと思いますよ!

実際に自分はせっかくだから「32インチの大きい」モニターにしましたが全然問題ないですよ!

アマプラやネットフリックスやゲームするときにも使ってますしね!笑

インチ数は、「自分の好み」で選ぼう!

おすすめ①のディスプレイ BenQ 32インチ モニター EW3280U

これは、実際に自分が使っているモニターでとてもいいですよ!

もちろんですが、Type-C一本で接続もできます。しかも、モニターアームも接続できます!

もし、よかったら下のリンクからチェックしてみてくださいね!

おすすめ②のディスプレイ BenQ 27インチ モニター EW2780Q

自分は、「BenQ」という会社のモニターを買ったので、声を大にしておすすめできるので紹介しますね!

コスパ最強のおすすめディスプレイたち

「値段がすべてだ!」って人にはこれがおすすめです!

Dell SE2222H 21.45インチ モニター

Acer モニター ディスプレイ AlphaLine 27インチ

電源アダプタ

電源アダプタは、MacBookを買ったときに付属で付いてましたよね!

それで、十分です!無駄に買う必要はないです!

もし、「なくなった」や「壊れた」っていう人は、次のメーカーさんのを買うといいかもですね!

電源アダプタを買うなら、「Ancer」

電源アダプタを買うなら、有名な「Ancer」が無難ですね!どうせ買うなら少し長めのを買うことをおすすめします!

Anker PowerPort III 65W Pod (PD 充電器 USB-C)

Anker PowerLine+ III USB-C & USB-C

USB(Type-C)ハブ

USB(Type-C)ハブは、モニターをHDMIで繋ごうと思っている方や、ロジクールのキーボードやマウスを使おうと思っている人は必須となりますね!

僕は、このハブを買うときに大失敗をしました笑

そうはならないようにちゃんと選びましょう笑

買う前にチェック
  • MacBookにケースをを付けている場合は、「MacBookとの接触するコード」は長いのに!

自分は、MacBookとUSBハブがピッタリくっつくのを買ってしまいました。(安いからと)

MacBookにはケースがついており、USBハブがはまらなかったんです笑

MacBookにケースをつけている人は、この形のUSB(Type-C)ハブ

Belkin ハブ ドッキングステーション USB-C 

ちゃんと、MacBookとUSBハブの間にコードがあるのを買いましょうね笑

MacBookにケースをつけてない人は、スマートに

USB C ハブ 7in1

これのほうが、ディスク周りがスマートになるんですけどね…

キーボード

キーボードを選ぶときのポイントは、

  • キーボードを使って、ゲームもする
  • MacBookのキーボードがいい!

「Bluetooth」機能が付いたキーボードにすると、ディスク周りがスッキリ

ゲームをするなら、ロジクールのキーボード

キーボードを使ってゲームをしたり、Windowsを使っていた方なら、「ロジクール」のキーボードがおすすめです!

ロジクールのおすすめポイント
  1. カスタマイズボタンがあり、好きなショートカットキーを設定できる!
  2. 見た目のデザインがかっこいい

一番良い点は、ロジクールのアプリで好きなショートカットキーをカスタマイズボタンに設定できることですね!

これで、作業効率アップですね!

ロジクール G512

MacBookのキーボードに慣れている人なら、これ!

Macのキーボードに慣れている人は、ロジクールとかって少し扱いずらいんですよね笑

自分も今買おうか迷ってるやつです笑

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) – スペースグレイ

マウス・トラックパッド

マウス

マウスもキーボードと同じで、「ゲームならロジクール」みたいな感じで決めても良いんですが、マウスは、「ロジクール」で良いと思います!

マウスのカスタマイズできるボタンが最強に便利だからです!

ロジクール MX MASTER 2S

トラックパッド

ノートパソコンばかり使っていた人は、「マウスよりもトラックパッドのほうがいい」っていう人もなかなかいますよね!

自分もコレほしいんですよね笑

Apple Magic Trackpad

クラムシェルモードのメリット・デメリット

クラムシェルモードには当然メリットもあるが、デメリットもあります!

これを踏まえて、クラムシェルモードを使うか考えましょう!

メリット

クラムシェルモードを利用することのメリットは、以下の通りです!

メリット
  • 大画面で作業ができる
  • ディスク周りを活用できる

最大のメリット:大画面で作業ができる

もうこれが、すべてですよね!

画面が大きくなれば、複数のウインドを出してもイライラしませんし作業効率アップ間違いなしですよね!

ディスク周りを活用できる!

MacBookを机において作業をすると、机って意外と狭くなりますよね!ですが、クラムシェルモードをすれば、机を有効に活用できます!

本を開いたり、A4の資料を開いたり、ノートにメモを取りながら作業ができたりしますね!

デメリット

クラムシェルモードを利用することのデメリットは以下の通りです!

デメリット
  • MacBookが熱くなる
  • 必要なものが多く、お金がかかる

MacBookが熱くなる

クラムシェルモードを利用すると、MacBookが少し熱くなります!

対処方法としては、「パソコンスタンド」を利用すると、かなり解消されます!

パソコンスタンド

必要なものが多い

間違いなく、出費が出ますね笑

これをどう考えるかです。快適にするのか、我慢するのか笑

ただ。ディスクトップ型パソコンを買うよりは安くできると思うので検討してみてくださいね!

終わり

最後まで、読んでくださりありがとうございました!

クラムシェルモードを使えば、本当に作業効率が爆上がりするので、ぜひやってみてくださいね!

では、さらば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です